fbpx

ここでは全米ヨガアライアンス協会のRYT500取得の方法と、RYT500を維持するための方法をご案内いたします。

RYT500取得のための2つの方法

RYT500を取得する方法には2つあります。

方法1

RYS500認定校で500時間のヨガティーチャートレーニングを修了する。そして、修了した後に少なくとも100時間のヨガティーチング経験を積む。

方法2(当アカデミーはこちらです)

RYS200認定校で200時間のヨガティーチャートレーニングを修了する。修了した後に少なくとも100時間のヨガティーチング経験を積み、その後にRYS300認定校での300時間の「上級トレーニング」を修了する(※1)。

※1:200時間と300時間のトレーニングは、同一の認定校でも異なる認定校でも構いません。

RYT500登録を維持する方法

RYT500を維持するためには下記のことが必要です。

  • 行動規範を遵守すること
  • ヨガアライアンスレジストリのヨガセラピー利用規約を順守すること
  • 3年ごとに継続教育要件を満たすこと
  • 年間の更新料$65(2019年4月現在の金額)を支払うこと

全米ヨガアライアンス協会とは

世界最大規模のヨガ組織

全米ヨガアライアンス協会は、1980年代にアメリカで誕生した世界でもっとも認知度の高い非営利団体(501-C3)のヨガ組織です。同協会は、高水準なヨガティーチャーの育成や認定講師のレベルアップを目指し、授業時間、内容、指導者のレベルなど様々な基準を定めています。

同協会が定める基準を完全に満たした認定校(RYS)において、規定のカリキュラムを修了し一定の条件を満たした時点で認定ヨガティーチャー(RYT)として登録することが可能となります。

登録後は、認定ヨガティーチャーとしてのタイトル(称号)と共に活動することができます。タイトル(称号)は、ヨガティーチャーとしての高水準な教育を受けた証しとしてプロモーションやビジネス活動に使用することができます。

全米ヨガアライアンス協会の人気と信頼の理由

同協会の人気と信頼の理由は次の通りです。

  • 由緒ある伝統的なヨガ組織
  • ヨガライセンスは、世界50ヶ国以上で通用する
  • ハイレベルなヨガティーチャーの育成プログラムの提供
  • 登録後は、全米ヨガアライアンス協会認定ヨガティーチャーとして活躍できる
  • 知名度が高いのでフリーランスにも有利

認定ヨガ ティーチャーのタイトル(称号)

当アカデミーが提供するRYT300プログラムのメイン講師であるアキ・タニダ・ソラーノは、E-RYT500(Experienced Registered Yoga Teacher/上級ヨガ師範登録 ID# 41663)のタイトル(称号)を有しています。

講師のレベルをご理解いただくために、全米ヨガアライアンス協会が定めるヨガティーチャーの各レベルをお伝えします。

タイトル 解説
RYT200
(Registered Yoga Teacher 200 hours)
これは全米ヨガアライアンス協会が定める200時間のカリキュラムを修了し、協会に登録した人に与えられる称号(タイトル)です。
E-RYT200
(Experienced Registered Yoga Teacher 200 hours)
これはRYT200になった後、ヨガティーチャーとして「ヨガを教える経験」を1000時間以上積んだ人に与えられる称号(タイトル)です。E-RYT200は全米ヨガアライアンス協会の認定スクールで200時間のプログラムを教えることができます。
RYT500
(Registered Yoga Teacher 500 hours)
RYT200の上位タイトルです。当プログラムではこのタイトルが取得できます。このタイトルを得るには2つの方法があります。詳細は上の項目をご覧ください。
E-RYT500
(Experienced Registered Yoga Teacher 500 hours)
これは次の条件を満たした者にのみ与えられる称号(タイトル)です。

  • 全米ヨガアライアンス協会が定める500時間のカリキュラムを修了していること。
  • E-RYT200になって以降、ヨガを教えた期間が4年以上であり、かつ合計で2000時間以上であること。
    さらにその2000時間のうちの500時間が、協会が定める500時間のカリキュラムを修了してからであること。

当アカデミーの校長アキ・タニダ・ソラーノは、このタイトルを有しています。

RYT500登録のお手続き

当RYT300プログラムで取得できるのはRYT500です。当RYT300プログラムにご参加の方へは、修了時に申請方法を詳しくご説明いたします。どうぞご安心ください。

 

RYT300プログラムお申し込みはこちら